家づくりをご検討中の方へ!平屋の間取りで多い失敗とは?

「平屋の間取りってどうすればいいのかな」
家づくりをご検討中の方でこのようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
間取りを考える際には、失敗を参考にするのが1つの手です。
今回は、平屋の間取りで多い失敗例について紹介します。

□平屋の間取りで多い失敗とは

平屋の間取りで多い失敗にはどういったものがあるのでしょうか。
ここでは失敗例を2つ紹介します。

1つ目は、共有スペースと個人スペースが近すぎた例です。
平屋の間取りを決める際は、共有スペースと個人スペースを近くしすぎないよう注意が必要です。
これは、近すぎることで、それぞれの安心感や快適性が損なわれるためです。
ちなみに、共有スペースとは、リビングやダイニング、洗面スペースなど家族が共有する場所のことを指します。

例えば、洗面所の隣に寝室があれば、どうなるのでしょうか。
洗面所は、家族が準備をしたり、お風呂に入ったりする時などに頻繁に使用する場所です。
騒がしいと、安心して眠れませんよね。
建物の広さに限界があるため多少は仕方がないものの、出入り口の場所は特に注意が必要です。

2つ目は、生活スタイルの変化に対応できない間取りです。
今後、家族メンバーが変わった場合に柔軟に対応できない間取りにしてしまうと、後々大掛かりなリフォームが必要となる可能性があります。

また、変化に対応できる間取りを始めから作ろうとすると、坪数が増加し、建築費に負担がかかります。
そのため、最初から間仕切りをせずに、家具で仕切りながら最終的に間仕切り壁で個室にするのもひとつの方法です。

□平屋で成功するためのポイントとは

最後に平屋の家づくりで成功するためのポイントを3つ紹介します。

1つ目は、近所の環境を確認することです。
平屋は、近くの建物の高さや距離によって日当たりや風通しが変わります。
そのため、周囲の環境をしっかり確認することをおすすめします。
環境の条件が良くない場合は、中庭を作ったり、L字型やコの字型の外観にしたりと工夫をしましょう。

2つ目は、平屋が得意な会社を選ぶことです。
平屋と2階建ての家づくりは、全くの別物です。
平屋の特徴をより上手く生かし、機能的な家にするには、土地に合わせたプランを考えてくれることが重要です。

3つ目は、土地や建物で予算のバランスを考えることです。
家づくりでは、土地と建物の両方が必要となります。
土地にお金を使いすぎると、建物の方にお金が使えなくなる可能性があります。
そのため、土地や建物にそれぞれどれくらいの予算をかけるか、バランスをしっかり考えましょう。

□まとめ

平屋の間取りで多い失敗例について解説しました。
平屋で満足するためは、失敗例から学び、同じ失敗をしないことが大切です。
当社では平屋の3シリーズ「casa pi atto」「casa anare」「casa basso」を取り扱っております。
これらは商品住宅(一般的に言う規格型住宅)であり、いくつかのプランの中から気に入ったプランを選び建築するものです。
これは建築家によって入念にプランニング、デザインされたものなので、そのままでもリーズナブルでクオリティが高い平屋が建てられます。
このような商品住宅であれば、実績があり失敗も少ないでしょう。