家づくりを検討中の方は必見です!外観に関する失敗を防ぐためのポイントをご紹介!

家づくりを行う際に知っていただきたいのが外壁に関する失敗のポイントです。
外壁を失敗すると塗り直しをしないといけません。
しかし塗り直しにはたくさんの費用がかかります。

そこで今回は外壁に関する失敗を防ぐためのポイントをご紹介します。
家づくりの際にぜひお役立てください。

□外壁に関するよくある失敗例とは

外壁では以下の点でよく失敗をします。

1つ目は色です。
サンプルで見るのと、外壁で実際に塗ってみるのとでは、錯覚によって色が異なって見えます。
そのため家が完成してから、思った色と違ったとがっかりする方が多いのです。
サンプルで見る色と実際に外壁に塗られた色が異なって見えることに注意しましょう。
また、周囲の家とのバランスを考えずに色を決めてしまい、周りの家とのバランスが悪くなってしまった失敗例もあります。

2つ目は外壁です。
外壁の色だけでなく、素材選びを失敗した例があります。
素材によって、見た目、メンテナンスの期間、継ぎ目などが変わってきます。
それらを考慮した上で、どの素材が自身の家にぴったりなのか考えましょう。
見た目ばかりで選ぶとメンテナンスの費用が高くなったり、汚れが目立ちやすくなったりします。

3つ目は窓です。
色や素材だけでなく窓も外壁の印象に大きく影響を与えます。
採光や風通しなどを考えながらも、外観を整えるように窓の形や大きさ、数、種類を決めましょう。

4つ目は家の形です。
外観を重視した場合に失敗しやすい例です。
家の形は削り過ぎると、機能面が悪くなってしまいます。
そのため、見た目と機能性、どちらも重要視して家の形を選びましょう。

□外観を考える際のポイントとは

外観で失敗しないために以下のポイントに注意しましょう。

1つ目は周囲の景色との調和を考える点です。
周囲の家の色を見ずに色を決めてしまうと、浮いてしまったり、似すぎたりします。
色を決める前に周囲を散歩してから色を決めましょう。

2つ目は色を3色までに抑える点です。
3色の割合も重要です。
メインカラーは75パーセント、アソートカラーは25パーセント、アクセントカラーは5パーセントの割合で塗ると良いでしょう。

3つ目は窓の配置を注意する点です。
窓は外観を決めるだけでなく、室内環境の良さも決めます。
そのため、採光や風通しを気にしながらも外観を整えるように窓を配置しましょう。

□まとめ

外観での失敗を防ぐポイントを紹介しましたがいかがだったでしょうか。
何年も住む家ですので後悔のない家にしたいですよね。
これらの点に注意して、後悔のない念願の住宅を建てましょう。
注文住宅についてなにか疑問があればぜひ気軽にご相談ください。