寝室にウォークインクローゼットを設けるメリットとは?マイホームをお考えの方は注目!

マイホームをお考えの方はいらっしゃいませんか。
そんな方におすすめしたいのが寝室にウォークインクローゼットを設けることです。
そこで今回はウォークインクローゼットを設けるメリットをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□寝室にウォークインクローゼットを設けるメリットとは

寝室にウォークインクローゼットを設けると以下のメリットがあります。

1つ目はウォークインクローゼットの中で着替えられる点です。
寝室にウォークインクローゼットを設けると、起きてすぐにパジャマから着替えられます。
他の方が寝ている時に音を気にして着替えられないという方はウォークインクローゼットに扉をつけましょう。
そうすれば音が響かなくなり、他の方を気にしなくても良くなります。

2つ目は衣類の整理整頓がしやすく衣替えをしなくてもよい点です。
ウォークインクローゼットはタンスよりも収納しやすいです。
整理整頓がしやすいのがメリットです。
また、衣服を置くスペースを季節ごとに分けておけば良いため、衣替えをする必要がないのが嬉しいですね。

3つ目は衣類以外にも収納できる点です。
寝室では、寝具だけでなく、扇風機や暖房器具などたくさんの収納を要しますよね。
そのため、ウォークインクローゼットを収納として活用すれば、寝室がすっきりするでしょう。

4つ目は寝室がすっきりする点です。
上記で挙げたように収納が充実するため、寝室にタンスを置く必要がありません。
寝ている時は無防備なので地震が起こった際に周囲に何もないのは安心ですよね。

□ウォークインクローゼットのタイプとは

ウォークインクローゼットには以下のタイプがあります。

1つ目はハンガーがメインのタイプです。
シャツやジャケットなどハンガーにかける必要がある衣類が多い方にはおすすめです。
衣類をかけるので、かけた下のスペースがどうして空いてしまいます。
ハンガーメインタイプのウォークインクローゼットを作る際は下のスペースをどのように活用するのかを予め決めておきましょう。

2つ目は収納棚前面タイプです。
ウォークインクローゼット内の壁全面に棚を設置します。
広さを間違えてしまうと、ウォークインクローゼットの中で移動しにくくなるので、広さに注意しましょう。

3つ目はユニット棚タイプです。
ユニットキャビネットを使用して、壁に収納棚を作ります。
どんなサイズの収納にも対応できます。

□まとめ

寝室にウォークインクローゼットを作るメリットをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
この記事を見て、ウォークインクローゼットを作ろうと考えていただけたら幸いです。
新築の注文住宅について疑問があればぜひ気軽にご相談ください。