マイホームを購入している平均の年齢はどくれらい?

この記事を閲覧した方は、マイホームを購入することに関して悩んでいて、今が良いタイミングなのか気になっている、または周りがマイホームを購入し始めていて焦っている方ではないでしょうか。
今回はマイホームを購入することに関する様々な平均と、マイホームの購入をよく考えられるライフイベントを紹介します。

□マイホーム購入に関する様々な平均とは?

最初にマイホームを購入する人の年齢、世帯年収、購入金額の平均を紹介します。

1つ目は年齢です。
これは、初めて住宅、特に注文住宅を購入する人の年齢です。
30代が48.4パーセント、40代が25パーセントです。
30代で注文住宅を購入するケースが多い傾向にあります。

2つ目は世帯年収の平均です。
一次取得者で注文住宅を購入したケースだと、731万円が平均です。
自分の収入で注文住宅が購入できるか心配な方は、参考にしてみると良いでしょう。

3つ目は平均購入資金です。
注文住宅で土地も含めた金額の全国平均は4294万円、三大都市圏の平均が3644万円でした。

以上が注文住宅の購入に関する平均でした。

□マイホーム購入を考えるタイミングとは?

前項で、平均金額を紹介しましたが、実際に購入を考えるのはライフイベントでしょう。
次に購入のきっかけになるライフイベントを紹介します。

1つ目は結婚です。
共働きをしている場合は、若くてもローンを契約して家を買える可能性があります。
賃貸から新築に引っ越しする場合は、できるだけ早く新築を購入することで、賃貸に払う金額も少なくできます。

2つ目は出産やお子さんの進学です。
家族が増えると、今までは十分に感じていた家が狭く感じる可能性があります。
子どもの部屋を設けたり、学校の近くに引っ越ししたりするケースが多いです。

3つ目は子供の独立、または定年退職です。
これは、老後を意識して新しい住宅を購入する場合です。
お子さんが独立すると、逆に子供部屋が不要になりますよね。
また、バリアフリーを意識した住宅にすることも可能です。

このように、基本的にはライフイベントの変化で住宅購入を決めましょう。
高額な買い物なので年齢による焦りを感じる必要はなく、自分のタイミングで購入すると良いです。

□まとめ

今回はマイホームを購入することに関する様々な平均と、マイホームの購入をよく考えられるライフイベントを紹介しました。
様々な平均を紹介しましたが、自分が本当に欲しいと思ったタイミングがマイホームを購入するベストタイミングです。
皆さんが住宅を購入する際の判断に、本記事を役立てくだされば幸いです。