家事動線の良い間取りは主婦の理想!例を挙げてご紹介します!

「家事動線の良い間取りはどのようなものかな」
と疑問に思う方は多いでしょう。
この記事では家事動線の良い間取りについて詳しく解説します。
家事がしやすい住まいにするために、ぜひ参考にしてください。

□家事動線の良い間取りの特徴とは?

家事がしやすくなる家事動線は、家事をする際の動きに無駄が出ず、ストレスなく家事ができる動線です。
また、これからの時代では「誰でも」簡単に家事ができることも、家事をしやすくするには重要な点となるといわれています。

さらに、最近では家事代行サービスやホームヘルパーなどに家事を依頼する方も増えています。
そのように、誰かに依頼する場合、動線自体も大事ですが、誰でもどこに何があるのか分かりやすい収納であることが望ましいです。
そのため、家事がしやすい動線上に収納を設けることをおすすめします。
また、このような収納は居住者が家事をする場合にも、有効的で、家事がしやすくなります。

よって、楽に家事を行える動線で、さらにその動線上に適材適所で収納が設けられているのが家事動線の良い間取りといえるでしょう。

□家事動線の良い例とは?

ここでは、家事動線の良い例を2つ紹介します。
動線を考える際の参考にしてください。

1つ目は動線に無駄がないことです。
料理や掃除、洗濯などの負担を軽減するには、無駄のない家事動線が重要です。
いくつかの家事を同時に行うことで、気づけば部屋間を何度も往復していた、ということはよくあります。
これを防ぐには、キッチンや洗面室、洗濯物を干す場所をなるべく近くし、移動時間を短くするのが大切です。

そのような、動線にするには回遊動線にすると良いでしょう。
この動線は、行き止まりがない動線で、両方向から部屋に入れるため家事効率を上げられます。
また、各部屋に入るルートがいくつかできるため、人の往来もスムーズにできます。

2つ目はキッチンで、必要なものをコンパクトに配置することです。
冷蔵庫から食材を取り、シンクや調理台で調理し、食器に盛り付けるまでの流れを考えてみてください。
その流れの中で、数歩の移動だけで料理を作れるようにものを配置すると、良い家事動線を作れます。

また、どこでどのような家電を使用するのかを考え、コンセントの数や配置も検討することが大切です。
配線計画がしっかりと立てられていないと、使いにくいキッチンになってしまいます。

□まとめ

今回は家事動線の良い間取りについて詳しく解説しました。
そのような間取りにするには、家事が楽にできる動線にし、便利な場所にものが置かれていることが重要です。
上記で紹介した例を参考に、家事動線の良い間取りを考えてみてください。