地震に強い家の形をお探しの方へ!平屋をおすすめします!

「地震に強い家の形はどんなのかな」
このように疑問に思っている方は多いでしょう。
日本では地震が頻発するため、地震に強い家をつくりたいですよね。
そこで、今回は地震に強い家の形について詳しく解説します。

□地震に強い家と弱い家の特徴とは

耐震性に優れた家にするには、家の形がとても重要な要素となります。
ここでは、形を基に地震に強い家と弱い家の特徴を説明します。

地震に強い家と一般的に言われるのは、造りや間取りが単純にできている家です。
その単純さとは、長方形や正方形などのような整った形を言います。
なぜ、そのような形が良いのかは、地震により発生したエネルギー壁や地面に伝えやすく、地面に耐えやすくなるからです。
四角形の形では、縦横上下の6つの面が一体となって支え合います。

例になるのが、段ボールです。
正方形の段ボールを潰そうとすると、なかなか潰れません。
それは、潰そうと外部の力をかけると、段ボールの面同士が支えるため、外から力が加わっても壊れにくくなるからです。

このように、箱型に近い形の家なら、地震のエネルギーを吸収するため、地震が起きても安心です。

一方、四角形ではなく、凹凸が多い形の家は、地震に弱い家と言えます。
このような形では、外部からの力が各部分に集まりやすくなり、建物に歪みやねじれを生じます。
それらは、建物にひび割れが発生するだけでなく、倒壊の危険もあるため注意が必要です。

また、1階が駐車場になっていたり、2階が片寄って設置されていたりする場合も、地震の弱い家と言えます。
それは前者では壁が少ないこと、後者では2階にかかる力が地面に流れにくくなることが理由です。

□平屋は地震に強いです!

家には様々な種類がありますが、地震に強いのは平屋です。
その大きな理由は、建物の低さとシンプルな間取りです。
平屋は、1階部分のみの住宅のため、地震による揺れを軽減できます。
また、平屋の多くはシンプルな間取りを持つため、耐震構造を作りやすいと言われています。

また、台風にも強いメリットもあります。
それは、風圧を受けにくい構造を持つからです。
最近、日本では台風による被害も増えているため、地震だけでなく台風にも強い家にすることで、より安心して住めるでしょう。

□まとめ

今回は地震に強い家の形について詳しく解説しました。
地震に強い家の形は、整った形の家です。
複雑な形の場合は、地震が発生すると家が倒壊する可能性があります。
また、平屋は地震に強い家とされているので、耐震性の高い家を考える際は平屋も検討してみてください。