使いやすい玄関の広さとは?玄関の間取りを考える際のポイントも紹介します!

皆さんは、使いやすい玄関の広さをご存じでしょうか。
新築をお考えの方の中には、玄関の広さでお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、玄関の広さについて解説します。
また、玄関の間取りを考える際のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

□使いやすい玄関の広さとは

4人家族を想定した場合、おすすめの広さは2畳と3畳の玄関です。
どちらが良いのだろうとお考えの方も多いと思います。
そこでまずは、それぞれの玄関の特徴について解説します。
玄関の広さでお悩みの方は、ぜひお役立てください。

まずは、2畳の玄関です。
玄関として不都合なく使用できる広さが2畳で、一般的なマンションもこのサイズの玄関が多いです。
一戸建ての場合は、もう少し広い玄関にしたいという方も多いと思います。
玄関は家の顔なので、広めにしたい方には2畳だと狭すぎるかもしれません。

一方で、コンパクトで使いやすい玄関にしたいという方にはおすすめです。
玄関フロア部分からでも土間部分のドアを開け閉めできますし、大きすぎないので荷物を運ぶのも簡単です。

次は、3畳の玄関です。
一般的な家で最も多いサイズが、3畳の玄関です。
広いと感じることはあまりありませんが、不便に感じないのも3畳の特徴です。

ただし、大型の下駄箱を設置すると、圧迫感が強くなってしまうため、その点には注意が必要です。
インテリアにこだわりたい方には、ニッチを作ることや、スペースを使わないディスプレイがおすすめです。

□玄関の間取りを考える際のポイントとは

1つ目は、十分な広さを確保することです。
先ほど玄関の広さについて解説しましたが、十分な広さを確保することで利便性がアップします。
住まいの第一印象も大きく変わるので、広さはしっかり確保しましょう。
もし広い面積を確保できないのであれば、奥行きや間口を広くもたせるとゆとりが生まれるでしょう。

2つ目は、玄関のドアです。
玄関のドアは開き方や素材、色などさまざまな種類があります。
玄関を広くみせたい場合は、外からの光が入りやすいガラス付きのドアがおすすめです。
また、両袖ドアを選ぶことで、明るい雰囲気になるでしょう。

3つ目は、収納スペースです。
小さなお子様がいるご家庭や将来的に子どもをつくる予定の方は、子供の成長を考慮して、季節用品や自転車などを収納できるスペースを確保しましょう。

□まとめ

この記事では、使いやすい玄関の広さについて解説しました。
また、玄関の間取りを考える際のポイントも紹介しました。
玄関でお悩みの方の役に立ったのであれば幸いです。
家づくりでお悩みの方は、いつでも当社にご相談ください。