長持ちする家の特徴をご存知ですか?詳しく解説します!

新築をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、長持ちする家の特徴です。
長持ちする家の特徴は、大きく分けて2つあります。
そこで今回は、それぞれの特徴と長持ちする家を建てるためのポイントをご紹介します。
新築をお考えの方は、ぜひお役立てください。

□長持ちする家の特徴とは

念願のマイホームを建てるのであれば、長持ちする家にしたいですよね。
そこでまずは、長持ちする家の特徴を紹介します。
ぜひお役立てください。

1つ目は、災害に強いことです。
地震や台風などの自然災害は、家の寿命を縮める大きな原因となってしまいます。
家づくりではデザインや間取りも大切ですが、長持ちする家を建てるためには、その家が災害に負けないかどうかも考えましょう。

2つ目は、定期的なメンテナンスがしやすいことです。
日光や雨風にさらされることによって、家の寿命は少しずつ縮まります。
家を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスと検査が必要です。
家づくりを行う際は、災害に強いこととメンテナンスのしやすさを意識しましょう。

□長期優良住宅の認定基準を目安にしよう

ここまでは、長持ちする家の特徴について解説しました。
どのようなポイントを意識すれば良いのかお分かりいただけたと思います。

しかし、より詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。
長持ちする家を建てるためには、長期優良住宅の認定基準を目安にするのがおすすめです。
長期優良住宅とは、長期にわたって良好な状態で使用するために設けられた項目を満たしている住宅のことを指します。
項目はいくつかあり、それぞれが全て住宅性能に関わる内容になっています。

以下が、長期優良住宅の認定基準です。

・劣化対策
・維持管理や更新がしやすいかどうか
・耐震性
・地盤
・建物の形
・基礎や土台
・省エネルギー性
・居住環境
・住戸面積

これら一つ一つが、長期優良住宅として認められるために必要な基準であり、長持ちする家を建てるためのポイントです。
また、国も低炭素社会に向けて長期優良住宅を一押ししています。
補助金や税制優遇、金利優遇などメリットがたくさんある長期優良住宅をぜひお薦めします。
新築を建てる際は、上記の項目を満たせる住宅を目指しましょう。

当社では、長期優良住宅の基準を満たす住宅を提供しています。
長持ちする家にしたいという方は、ぜひ当社にお任せください。

□まとめ

この記事では、長持ちする家の特徴について解説しました。
また、長持ちする家を建てるためのポイントもご紹介しました。
家は建てるだけでなく、長持ちさせることも大切です。
この記事を参考に、定期的なメンテナンスを行いましょう。
新築をお考えの方は、ぜひ当社にご連絡ください。