ウォークインクローゼットをお考えの方必見!カビ対策について解説します!

ウォークインクローゼット内の湿気にお悩みの方にお伝えしたいことがあります。
ウォークインクローゼット内の湿気はカビの発生要因にもなるため注意が必要です。
そこで今回は、ウォークインクローゼット内に湿気が溜まりやすい理由について紹介します。

□ウォークインクローゼットには湿気が溜まりやすいので注意してください!

湿気が溜まってしまう1つ目の理由は、そもそも衣類自体が湿気を吸い込みやすいからです。
運動して汗が出たときに、衣類が汗を吸収してくれるのは皆さんもご存知だと思います。
これは、衣類の繊維の特徴として、吸水性と呼ばれるような水分や湿気を吸収しやすい特徴があるからです。

クローゼットの中には大量の衣類が詰め込まれているため、水分や湿気を多く含みやすい状態となっています。
また、乾燥し切っていない衣類が収納されると、水分が含まれているためカビの発生要因にもなるでしょう。

湿気が溜まってしまう2つ目の理由は、空気がよどみやすいからです。
ウォークインクローゼットは、窓がなかったりドアが少なかったりするため、空気が停滞して循環が悪いです。
空気の循環が悪いと湿気も外に逃げることなく溜まってしまうため、カビの発生につながってしまいます。

3つ目の理由は、ウォークインクローゼットが北側の日中でも暗い場所にある場合が多いからです。
通常、日の当たる南側にベランダを設けることが多く、ウォークインクローゼットのような収納のためだけにあるような部屋は北側に設置されます。
北側は日当たりが悪くて冷えやすい一方で、部屋の中は暖かいことが多いため、この温度差によって結露が発生し、カビを生むことにつながります。

□ウォークインクローゼットでカビが発生しないようにするコツとは?

発生しないようにするコツは、湿気とホコリに注意することです。
上着類は帰宅時にまずホコリを取り除いて、クローゼットに収納する前に乾かしましょう。
他にも、クリーニングし終えた後のビニール袋はすぐに外すことも大切です。

もしこれでもカビが発生してしまった場合の対処法を紹介します。
カビが発生した場合は、塩素系の洗剤で除菌をした後で、パストリーゼ77を用いてカビをふき取ってしまいましょう。

□まとめ

今回は、ウォークインクローゼットにカビが発生しやすい理由について紹介しましたがいかがでしたか。
クローゼット内の湿気を気にかけることで、カビの発生は防げます。
ウォークインクローゼット内のカビにお悩みの方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。