子供部屋がないとどんな影響があるのかご存知ですか?詳しく解説します!

住宅の購入を検討している方で、子供部屋を設置しようか悩んでいる方にお伝えしたいことがあります。
そこで今回は子供部屋について詳しく紹介します。

□子供部屋がないことが子供にとって悪影響を与えます!

子供部屋がないことで子供に与える悪影響の1つ目は、自己管理のできない子供になってしまうことです。
子供部屋がないときは、親が自分の荷物を管理してくれたり、汚くなった部屋は親が片付けてくれたりします。
しかし子供部屋ができることで、子供自身の荷物の管理や部屋の掃除は、子供自身の義務となります。
大きくなっても子供部屋がないとそのような義務もないため、自己管理能力が芽生えなくなります。

2つ目の悪影響は、勉強に集中できないことです。
子供部屋がないと、リビングなどの家族の共用スペースで勉強することとなり、家族同士の会話のような雑音が気になって勉強できないことも多いです。
子供部屋を設けることで、静かな場所で勉強できたり音楽をかけながら勉強できたりもするため、子供が自分自身にとって一番集中できる環境を作れます。
また、子供がリスニングや音読の勉強をするときに、子供部屋があると便利なのもメリットと言えます。

また、子供部屋がないとメンタルにも悪影響を与えます。
兄弟や親と口論した後には、一人で心を落ち着けたいと思う子供は多いと思います。
しかし子供部屋がないと一人になれる空間がないため、心が落ち着かなくなってしまい、余計に家族同士の関係に溝を作ることになります。

□子供部屋を作る上で大切なこととは?

大切なことの1つ目は、子供の成長に合わせて部屋を変えることです。
小さいときには、親の目が届くところに部屋があった方が良い一方で、中学生くらいになるとプライベート空間となる個室の方が子供の成長にとっては好まれます。
また、子供が成長するにつれて、ハンガーにつるすような衣類が増えていくため、収納にも気を遣うことをおすすめします。

2つ目は、子供のプライバシーと家族とのつながりのバランスです。
中学生以降、子供は自分の部屋にこもることが多くなりますが、子供部屋の場所によっては家族とほとんど顔を合わせる機会がなくなります。
そこで子供部屋を個室にしつつも、途中でリビングを通り抜けなければならないような位置にすることで、家族のつながりを感じられるようにできます。

□まとめ

今回は、子供部屋について詳しく紹介しましたがいかがだったでしょうか。
子供部屋についてお悩みの方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。