4人家族の家はどのくらいの広さがベスト?間取りのポイントも紹介します!

新築住宅の購入を検討している方の中で、家族にぴったりの間取りを理解している方は少ないと思います。
そこで今回は、4人家族にぴったりの家の広さについて詳しく紹介します。

□4人家族にぴったりな家の広さはどれくらい?

家族ごとのライフスタイルや好みの間取りは様々なので、一概におすすめの広さを言うことができないのは当然ですが、国土交通省が発表している家の広さの基準はあります。
まず1戸建ての住居の場合、25平方メートル×4人+25平方メートルの125平方メートルとなります。
またマンションの場合だと、20平方メートル×4人+15平方メートルの95平方メートルとされています。

例として、注文住宅の平均的な広さは約125平方メートルであり、3LDKのマンションの広さは60平方メートルから80平方メートルが一般的なため、これを目安にしても良いことがわかるかと思います。
子供部屋や夫婦の部屋には6畳程度取るのが一般的で、LDKには約15畳確保するのが一般的です。
ただし部屋ごとの広さは、書斎やウォークインクローゼットのような部屋が欲しい場合には、大きく変わってくるためご注意ください。

□間取りに関して話し合うべき内容を紹介します!

間取りに関して話し合うべき1つ目の内容は、夫婦の個室についてです。
夫婦2人の寝室を用意するか、もう一つ書斎を設けるのが一般的ですが、その場合には2LDK 以上の間取りが必要となります。
このような部屋が必要なければ部屋の数は少なくて済みますが、ストレスが溜まったりライフスタイルが制限されたりしますのでご注意ください。
他にも、1SLDKというサービスルームを設ける間取りも、費用があまりかからないためおすすめです。

間取りに関して話し合うべき内容の2つ目は、子供部屋についてです。
子供部屋は小学校の高学年くらいから働き始めて自分の家を持つまで必要となります。
子供が複数人いる場合は、部屋が足りなくなる時期と、全員が独り立ちして部屋が余る時期も出てくることを覚えておきましょう。
必要となる子供部屋の数は、子供の性別や子供の年齢差によっても大きく異なるため注意が必要です。

他にも、収納したいモノの数や来客用の部屋が必要かどうかも話し合うようにしましょう。

□まとめ

今回は、4人家族の間取りについて紹介しましたがいかがだったでしょうか。
家の間取りを家族としっかり話し合うことで、家族全員が住みやすい家を作れます。
住宅の間取りについてお悩みの方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。