大手ハウスメーカーと工務店の違いとは?ポイントごとに紹介します!

住宅の購入を検討している方で、ハウスメーカーと工務店の違いを明確に理解している方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、大手ハウスメーカーと工務店の違いを紹介します!

□大手ハウスメーカーと工務店のそれぞれの特徴をご紹介!

注文住宅を取り扱っている中でも、自社のブランドを持っていて、それを全国規模で提供している会社を大手ハウスメーカーと言います。
全国に展開しているため、地方にも支店があって対応エリアが幅広いのが特徴と言えます。
また、仕様や規格が統一されている自社ブランドを持っていることから、工事が早く終わることと、品質に安定感があることも特徴です。
他にも、モデルハウスを通じて完成後の家を事前に見ることができたり、完成後のアフターサービスも整っていたりと、大手ならではの長所もあります。

一方で、工事に関するすべての業務を管理する工務店は、特定の地域に限定してサービスを提供しているのが一般的です。
工務店と一口に言っても、営業のスタイルや着工棟数、工法やデザインも様々です。
大手ハウスメーカーと比較すると、地域密着型で会社によって特徴が異なると言えます。

このような特徴を理解して、ハウスメーカーか工務店のどちらのサービスを選択するか決めましょう。

□大手ハウスメーカーと工務店の違いについて詳しく紹介します!

大手ハウスメーカーと工務店の1つ目の違いは「コスト」です。
同じ地域で注文住宅を購入する場合、大手ハウスメーカーの方が費用は高くなりやすいです。
大手ハウスメーカーは大量生産とシステム化よって建築費は安い一方で、全国で知名度を獲得するための広告費や人件費のような費用がかかっているためです。
そのため、建築費用以外の費用があまりかかっていない工務店の方が費用は安いでしょう。

2つ目の違いは「住宅の自由度」です。
大手ハウスメーカーはある程度用意された選択肢を組み合わせて住宅を完成させていきますが、工務店はお客様が一から自由に計画を練れます。
そこで、細かいところまでこだわりたい場合は工務店に依頼するのをおすすめします。

他にも、アフターサービスに違いがあります。
大手ハウスメーカーの方がアフターサービスに安心感があるのは事実です。
ただし、何かが起こった時に駆けつけるようなスピード感は、地域密着型の工務店の方が優れている場合もあります。

□まとめ

今回は、ハウスメーカーと工務店の違いについて紹介しましたがいかがでしたか。
住宅の購入を検討している方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。