子供部屋に必要なものをご存知ですか?詳しく解説します!

「子供部屋には何を置いたら良いのだろう」
「気をつけるべきポイントを知りたい」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、子供部屋に必要なものと部屋作りのポイントを紹介します。
新築をお考えの方は、ぜひお役立てください。

□子供部屋に必要なものとは

まずは、ベッドです。
子供部屋はそれほど大きくないので、ショート丈やセミシングル、収納付きベッドなどがおすすめです。
大きすぎるベッドは圧迫感が強くなってしまうため、できるかぎりコンパクトなものが良いでしょう。

次は、収納家具です。
子供部屋は、衣類や教科書、おもちゃなどでごちゃごちゃしてしまいますよね。
ラックやチェストなどの収納家具を設置して、部屋をきれいにしましょう。
お子様が一人で片付けられるおもちゃ箱もおすすめです。

最後は、デスクとチェアです。
一人で集中して勉強するためには、デスクとチェアが欠かせません。
時間を決めて部屋で勉強し、その後は思いっきり遊ぶといったメリハリをつけられるようになります。

□子供の自立を助ける部屋作りのポイントとは

1つ目は、子供部屋の多目的部屋化を防ぐことです。
せっかく子供部屋を作ったのに、それが洗濯部屋や物置部屋になってしまうのは残念ですよね。
他のスペースの代わりにするのではなく、すぐに子供部屋として使える状態にしておきましょう。

2つ目は、お子様の成長を妨げないことです。
翌日の準備やおもちゃの片付けなどを、お子様一人でできるような仕組みを作りましょう。
親が手伝ってばかりいると、「お母さんがやってくれる」というように考えてしまい、自発的に動かなくなってしまいます。

3つ目は、片付けから翌日の準備までを一人でできるようにすることです。
教科書やノート、体操服など、翌日必要なものは意外と多く、準備するのも大変です。
そこで、できるかぎり片付けや翌日の準備のために動く距離を短くする工夫をしましょう。
例えば、ランドセルや手さげバッグ、帽子などを一箇所にまとめておき、すべて揃っているかを一目で確認できるようなスペースを作るのもおすすめです。

4つ目は、紙類収納を設けることです。
教科書やノート、使用済みのプリント類や教材など、子供部屋には紙類がたくさんあります。
部屋をきれいに保つためにも、これらを整理整頓できる収納スペースを設けましょう。

□まとめ

この記事では、子供部屋に必要なものについて解説しました。
また、子供の自立を助ける部屋作りのポイントを紹介しました。
当初の疑問を解決できたのであれば幸いです。
この記事を参考にして、素敵な子供部屋を作りましょう。
新築でお悩みの方は、ぜひ当社までご連絡ください。