マイホームの購入を検討されている方必見!予算の決め方を紹介します!

マイホームの購入を検討されている方にぜひ知っていただきたいのが、予算の決め方です。
新築を建てたいけれど、どのようなお金がかかるのかわからない方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、新築を建てる際にかかる費用の内訳と予算の決め方をご紹介します。
ぜひお役立てください。

□新築を建てる際にかかる費用の内訳について

新築を建てる際にかかる費用は大きく分けて2つあります。
土地購入時にかかる費用と住宅建築時にかかる費用です。

土地購入時にかかる費用は、主に土地代と諸費用に分けられます。
土地代は、手付金を差し引いた土地の代金のことです。
諸費用としては、手付金、印紙税、登記費用、住宅ローン手数料や保証料などがあります。

住宅建築時にかかる費用は、本体工事費用、付帯工事費用、諸費用の3つに分類できます。
一般的に、坪単価は付帯工事費用や諸費用が含まれないため注意してください。
諸費用としては、印紙代や住宅ローン契約時の諸費用、家具や家電の購入費用などが挙げられます。
また、住宅建築時にかかる費用の5パーセントから7パーセント程度が相場となっています。

□予算の決め方をご紹介!

ここからは、予算の決め方を3つのステップに分けて解説します。
ぜひ参考にしてください。

*自己資金をいくら出せるか確認する

最初に行うのが、自己資金をいくら出せるか確認することです。
手元にある貯金や親からの援助、現在住んでいる住まいの売却金などを確認し、自己資金の総額を把握しましょう。
その後、将来のために蓄えておくべき貯金を差し引いて、ローンの頭金に充てられる金額を確認してください。

*住宅ローンの借り入れ可能金額や月々の返済金額を確認する

自己資金を把握した後は、住宅ローンをいくら借りられるのか、また月々の返済額はいくらなのか確認しましょう。
住宅ローンには様々な種類があり、金利のタイプや期間が異なるので注意が必要です。

*土地代と建築工事費用のバランスを考える

土地購入と建築工事にかかる費用のバランスは、大体4対6もしくは3対7の割合で考えるのがおすすめです。
土地にお金をかけすぎて、満足のいく家を建てられなかったというケースがよくあるので、2つのバランスをしっかり検討しましょう。

□まとめ

今回は、新築を建てる際にかかる費用の内訳と予算の決め方をご紹介しました。
この記事を活用して、後悔しないように予算を考えましょう。
当社は、お客様の要望に合わせて様々なタイプの住まいを提供しています。
新築住宅に関してさらに詳しく知りたい方は、ぜひ当社にお問い合わせください。