注文住宅の外観は色選びが重要?おしゃれな印象にするためのポイントを紹介します!

注文住宅の最大のメリットは、内装や設備を自由に決められることですよね。
しかし、内装を意識するあまり、外観を疎かにしてしまう方もいらっしゃいます。
実は良い印象を持ってもらうためには、外観の色選びがとても重要です。
そこで今回は、おすすめの外観の組み合わせとおしゃれな印象にするポイントをご紹介します。

□おすすめの外観の組み合わせをご紹介!

1つ目は、ベージュと差し色です。
ベージュはナチュラルで親しみやすい雰囲気を醸し出してくれるため、様々な世代から人気の色です。
ベージュ系の色だけでもおしゃれですが、差し色を組み合わせることによってさらに雰囲気がアップします。
自然を強調したい方は、グリーンで活発な印象を与えたり、赤茶色で外国風にするのもおすすめです。

2つ目は、グレーと差し色です。
グレーは、都会的な佇まいやシックな雰囲気を演出してくれます。
グレー系の色だけでは地味になってしまうと心配な方には差し色がおすすめです。
差し色の使い方によって色味が際立ちます。

3つ目は、茶色系です。
組み合わせではないのですが、フォーマルな雰囲気が良いという方には茶色系がおすすめです。
クラシックで落ち着いた印象を与えられます。

□外壁をおしゃれな印象にするためのポイントとは?

1つ目は、外観のテーマを明確にすることです。
実現したい外観の雰囲気をはっきりさせることで、使用した方が良い色も決まってきます。
例えば、スタイリッシュな外観にしたい場合は、ブラックやホワイトなどがおすすめです。

2つ目は、色数を抑えることです。
外壁に様々な色を使うと統一感がなくなってしまうため、色数を抑えるようにしましょう。
全体のバランスを取るために、最大でも3色以内にするのがおすすめです。

3つ目は、アクセントを加えることです。
基本となるベースカラーや、サポートの役割をするアソートカラーに加えて、アクセントカラーを取り入れると良いでしょう。
色によるアクセントだけでなく、一部分だけ素材を変えてみるのも効果的です。

4つ目は、ツートンカラーを活用することです。
外壁を2色で塗り分けるツートンカラーも人気です。
ツートンカラーを活用する際は、バルコニーのみ別の色にする、上下で分けるなどの工夫をしましょう。

□まとめ

この記事では、おすすめの外観の組み合わせとおしゃれな印象にするためのポイントを紹介しました。
どんなポイントを意識すれば良いのかお分かりいただけたと思います。
当社では、遊び心をプラスした家づくりを行っています。
注文住宅を検討されている方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。