平屋に適した土地とは?平屋を検討されている方必見です!

「平屋を建てたいけれど、どのような土地が向いているのだろう」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
せっかく土地を購入するのであれば後悔したくないですよね。
そこで今回は、平屋に適した土地の特徴をご紹介します。
ぜひお役立てください。

□平屋に適した土地とは?

まずは、平屋に必要な土地の広さについて解説します。
結論から申し上げると、50坪から60坪の土地があれば30坪ほどの平屋を建てることが可能です。
4人家族であれば十分な広さと言えます。

ただし、土地の広さでは「建ぺい率」と「容積率」に注意する必要があります。
建ぺい率とは「敷地面積に対する建物の面積の割合」を定める基準のことで、容積率とは「敷地面積に対する延べ床面積の割合」を定める基準のことです。
「建ぺい率」と「容積率」によって必要な土地の広さが決まるので、詳しく知りたい方はぜひご相談ください。

次に、平屋に適した土地の特徴をご紹介します。
先述した「建ぺい率」と「容積率」は、実はエリアによって異なります。
低層住宅エリアでは、建ぺい率は30パーセントから50パーセント、容積率は80パーセントから100パーセントとなっています。
中高層住宅エリアでは、建ぺい率は50パーセントから60パーセント、容積率は150パーセントから200パーセントです。
平屋の土地を選ぶ際は、それぞれの特徴を把握したうえで決めましょう。

□平屋の間取りで気をつけるべきポイントをご紹介!

1つ目は、周囲の高い建物を考慮することです。
平屋は非常にミニマムな高さが特徴ですが、その影響で周囲に高い建物が建ってしまうと日照時間が制限されてしまいます。
風通しが悪くなる可能性もあるので、周囲の建物を考慮して土地を考えましょう。

2つ目は、プライベート空間を配慮することです。
全ての部屋が地面に近いということは、どの部屋も外部との関係が濃くなるということです。
そのため、トイレや寝室などプライベート空間を配慮しましょう。

3つ目は、厳重な防犯対策を施すことです。
平屋には出入りしやすく避難しやすいというメリットがありますが、一方で防犯対策が必要な家とも言えます。
特に女性が1人になる時間帯が多い場合は、のぞきなどの犯罪を防止する工夫をしましょう。

□まとめ

この記事では、平屋に必要な土地の広さと適した土地の特徴をご紹介しました。
また、平屋の間取りで気をつけるべきポイントもご紹介しました。
当社では、お客様に満足していただける平屋を提供しております。
新築を検討されている方は、ぜひご連絡ください。