家づくりをお考えの方へ!世帯年収から考える住宅ローンの目安額をご紹介します!

「今の年収でどのくらいのローンが組めるのだろう」
家づくりをお考えでこのような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、世帯年収から考える住宅ローンの借入額の目安について解説します。
ぜひ参考にしてください。

□住宅ローンの借入額を決める際のポイントとは

1つ目は、無理なく払える返済額を考えることです。
借入可能額全額でローンを組むと、月々の返済負担が大きくなり、家計が圧迫されてしまいます。
そのため、家族みんなが快適に暮らしながら、無理なく払える返済額を借り入れるようにしましょう。

2つ目は、頭金をいくら用意できるかということです。
頭金となる現金をいくら準備できるかによって、必要な借入額は変わります。
頭金が多ければ多いほどローンの返済負担は小さくなりますが、預貯金全てを頭金に充ててしまうのは非常に危険です。
ある程度の現金や預貯金を残したうえで、どのくらい用意できるのか考えましょう。

3つ目は、年間返済額の割合を年収の25パーセント以下にすることです。
返済額を年収の25パーセント以下に設定することで、余裕を持って返済することが可能です。
ただし、家計の状況によっては25パーセントでも負担が大きすぎたり、一方で余裕があったりする場合もあります。
そのため、25パーセント以下というのはあくまでも目安として考えてください。

□世帯年収から考える住宅ローンの借入額の目安について

ここまでは、住宅ローンの借入額を決める際のポイントをご紹介しました。
どんなことに気をつければ良いのかおわかりいただけたと思います。
次は、世帯年収から考えるローンの目安額について解説します。
ぜひ参考にしてください。

先述したように、年間の返済額は年収の25パーセント以下だと安心できるとされています。
そのため、今回は25パーセントで住宅ローンの借入額を算出しました。
借入額の目安としては、世帯年収が300万円の場合は2,040万円程度、400万円の場合は2,720万円程度、500万円の場合は3,400万円程度、600万円の場合は4,080万円程度、700万円の場合は4,760万円程度です。
住宅ローンの借入額を決める際は、上記の金額を目安にしてみてください。

□まとめ

この記事では、世帯年収から考える住宅ローンの借入額の目安について解説しました。
また、住宅ローンの借入額を決める際のポイントもご紹介しました。
この記事を参考にして、スムーズにローンを組みましょう。
家づくりを検討されている方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。