動線でお悩みの方必見!動線の考え方について紹介します!

家づくりにおいて、ご家族の動線を考えた間取りを決めることはとても難しいことですよね。
しかし、動線を考えることは最優先だと言っても過言ではありません。
そこで、今回は動線の考え方をご紹介します。
また、女性に優しい動線計画も合わせてご紹介しますので、家づくりをお考えの方はぜひ参考にしてください。

□動線の考え方の3つのポイントとは?

*家事の動線を考慮する

生活していく上で、負担の大きい家事を行うことを考慮した間取りにすることは大切です。
具体例として洗面所からバルコニーやべランダなどが遠いと洗濯物を干すために移動時間もかかってしまいます。
効率も悪く負担も大きくなりますので、考えておいた方が良いでしょう。
また、住宅にもよりますが、キッチンの横に扉を設置することでゴミ出しを遠回りせず、近道で行えるケースがあります。

*通勤や登校を考慮する

朝の7時や8時は、仕事の通勤時間やお子様の登校時間です。
そのため、それらの時間帯は家族全員がドタバタしてしまいます。
そこで、家族内での渋滞を防ぐためにも、洗面所を広くしてひげをそる場と顔を洗う場を設けるなどの工夫をすると良いです。
他にも通路を広くすることも効果的でしょう。

*衛生を考慮する

家に客を招くことを考慮したときに迷ってしまいがちなのがトイレの位置です。
リビングやキッチンに近いと衛生的に良くないと感じてしまいます。
そのため、衛生面で良い位置にトイレを設置すると良いでしょう。

□女性に優しい動線計画とは?

1つ目は、身支度用に動線を考えることです。
女性は起床した後、着替えて洗顔し、化粧するという流れが一般的でしょう。
そこで、寝室に近い位置に洗面所を設置すると負担が少ない動線になるでしょう。

2つ目は、家事を考慮した動線です。
洗濯物を干すために洗濯機とベランダの位置を近くすることが挙げられます。
また、帰宅してから着替えるまでの動線を最小限にした間取りを考慮することで、そのエリアのみ掃除すれば良く、負担軽減になります。

3つ目は、お子様の動線を考慮した間取りです。
玄関からお子様の部屋へ行くまでにリビングを挟むことで、様子を見やすくなります。
子供部屋は最小限の目的にすることで親子に密接な関係を維持できるでしょう。

□まとめ

今回は動線の考え方のポイントと女性に優しい動線計画をご紹介しました。
当社ではお客様のライフスタイルに最適な家づくりを提供しております。
動線を考慮した間取りをお考えの方は当社にお任せください。
お客様が快適に過ごせるような家づくりを実現させましょう。