家づくりをお考えの方へ!3ldkの住みやすい間取りのポイントを紹介します!

家づくりを検討中の方も多いのではないでしょうか。
間取りによって注目するポイントは異なります。
この記事では、3ldkの住みやすい間取りのポイントや向いている人の特徴をご紹介します。

□3ldkの住みやすい間取りとは?ポイントを4つご紹介します!

1つ目は、十分な収納があることです。
必要な場所に十分な収納があることが大切です。
収納が十分にあっても、一箇所に集中していれば移動距離が長くなり、使いづらくなってしまいますよね。
各部屋に1つは、収納をつくるようにしましょう。

特に、長い時間を過ごしたりお客さんが来たりするリビングは、散らからないように十分な収納をつくると良いでしょう。

2つ目は、コンセントの数と位置です。
生活していくうちに家電の数も増えるため、コンセントの数を考慮しましょう。
また、コンセントの位置によっては、家具や家電によって隠れて使えなくなることもあるので注意してください。

3つ目は、家具の配置のしやすさです。
部屋の形状によっては、家具が配置しにくいことがあります。
生活動線を意識して、動きやすい家具の配置を考えましょう。

4つ目は、ドアの種類です。
ドアは引き戸と開き戸がありますが、それぞれ特徴があります。
引き戸はldkにも個室にも万能に使え、開き戸はプライバシーの保護ができるため個室に活用できますよ。
部屋の用途や家族に合ったドアを選ぶようにしましょう。

□3ldkの間取りが向いている人の特徴を3つご紹介します!

1つ目は、子どもがいる家庭です。
3ldkは子ども部屋が作れるため、子どもの思春期にもプライバシーの保護ができるでしょう。
子どもが2人いても、我慢させることなく部屋を与えられますよ。

2つ目は、在宅ワークをしている方です。
コロナ禍で、テレワークのように自宅で仕事をしている方が増えています。
3ldkで独立したワークスペースを作りやすいため、集中しやすいでしょう。
仕事以外にも、趣味の部屋や書斎にするのもおすすめですよ。

3つ目は、両親と同居や介護を考えている人です。
子どもが独立すると部屋が開くため、高齢になる両親の部屋にできるでしょう。
また、階段の段差が低いところや医療機関が近くにあるなどの条件も増やして考えると良いでしょう。

□まとめ

今回は、3ldkの住みやすい間取りのポイントや向いている人の特徴を紹介しました。
3ldkの間取りは特徴をしっかり抑えて選ぶようにしましょう。
ご自身に合った住みやすい間取りを実現してくださいね。
何か分からないことがあれば、ぜひ当社にご相談ください。