リビングダイニングをスキップフロアにする間取りについて紹介します!

「リビングダイニングをスキップフロアにするときの間取りを知りたい」
「スキップフロアを設けるメリットとは何か」
このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。
スキップフロアを設置する際に、分からないことは多いですよね。
そこで今回はリビングダイニングをスキップフロアにする間取りを紹介します。

□リビングダイニングをスキップフロアにする間取りとは?

リビングダイニングをスキップフロアにする間取りを2つ紹介します。

1つ目は、リビングの床を高くしてダイニングを低くする間取りです。
リビングの高さにもよりますが、リビングを高くするとリビングのソファに座った時と、ダイニングで椅子に座った時の目線がほぼ同じになります。
そのため、会話をする時に目線を合わせて会話できるでしょう。

2つ目は、ダイニングの床を高くしてリビングを低くする間取りです。
リビングを低くすることで、来客した際にダイニングの見せたくない部分を隠せますよ。
また、リビングでソファに座るとダイニングが見えなくなるため、リビングが独立した状態になるでしょう。
そのため、リビングとダイニングを分けたい方におすすめです。

□リビングをスキップフロアにするメリットとは?

リビングをスキップフロアにするメリットを3つ紹介します。

1つ目は、おしゃれな空間になることです。
床や階段などの細かい部分のデザインにこだわることで、リビングの印象を変えられます。
また、リビングとダイニングキッチンのデザインを統一すると、よりおしゃれな空間になりますよ。

2つ目は、広々した空間になることです。
スキップフロアを設けると、縦の空間が広くなります。
そのため、通常のリビングよりも広々とした空間になるでしょう。
また、壁紙クロスや窓にこだわると、開放的な空間を演出できるので挑戦してみてはいかがでしょうか。

3つ目は、生活動線が改善することです。
スキップフロアの設置を工夫することで、生活で効率の良い動線を確保できます。
例えば、子供が遊び場などをスキップフロアにすることで、子供の様子を確認しながら、家事がこなせるでしょう。
また、収納スペースをスキップフロアに設けることで、必要なものがすぐに取れるようになるでしょう。

当社では、お客様の要望に応えた自由設計の家を提供しております。
スキップフロアの間取りについて詳細を聞きたい方は、お気軽にお問い合わせください。

□まとめ

今回はリビングダイニングをスキップフロアにする間取りを紹介しました。
スキップフロアをお考えの方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、スキップフロアの間取りについて相談したい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。