1階が広い家にするための間取りのポイントを紹介します!

1階を広い家にしたい方は、いらっしゃるでしょう。
1階を広い家にする際に、間取りをどうすれば良いか気になりますよね。
そこで今回は1階が広い家にするための間取りのポイントについて紹介します。
ぜひお役立てください。

□1階が広い家にするための間取りのポイントを紹介!

1階が広い家にするための間取りのポイントを3つ紹介します。

1つ目は、2階は寝るだけと割り切ることです。
2階は寝室のみと割り切って、間取りを考えることで自然と1階が広い家になります。
1階だけで生活できる空間を意識することで、1階が広い家を実現できるでしょう。
例えば、1階のリビングを広くしたり、収納を1階に充実させることで、1階だけで生活できる空間ができますよ。

2つ目は、2階にリビングを設けることです。
多くの家庭は、家の中で1番広い部屋はリビングでしょう。
そのリビングを2階にしてしまうと、1階を広くしにくいですよね。
そのため、1階を広くしたい場合はリビングを1階にすることをおすすめします。

3つ目は、1階だけで1LDKをつくることです。
1階に1LDKをつくることで、自然と1階が広い家になるでしょう。
また、1階に1LDKをつくることで、1階だけで生活できるようになります。
そのため、老後に階段の昇り降りをする必要がなく、生活が快適になるでしょう。

□1階が広い家のメリットを紹介!

1階が広い家のメリットを3つ紹介します。

1つ目は、のっぺりした外観になりづらいことです。
のっぺりした外観はシンプルなため、おしゃれさに欠ける可能性があるでしょう。
1階が広い家は、上下階のバランスを調整できるため、おしゃれな外観にしやすいです。
そのため、おしゃれな家にしたい方は1階が広い家を検討してみても良いでしょう。

2つ目は、老後まで暮らしやすいことです。
上下階のバランスを調整して、寝室や水回りを1階にまとめると老後まで暮らしやすいですよ。
高齢になると足腰が弱くなり、階段の昇り降りで負担がかかるでしょう。
1階が広い家は1階のみで生活できる空間を実現できるため、簡単にバリアフリー生活に移行できます。

3つ目は、上下階の音問題を解消しやすいことです。
木造住宅の場合は、上下階の足音や声などの音が気になるでしょう。
1階が広い家は工夫することで、上下階の音問題を解消できます。
例えば、2階は寝室のみにすることで、寝るときに足音が聞こえてくることはないでしょう。

□まとめ

今回は1階が広い家にするための間取りのポイントについて紹介しました。
1階が広い家にするために、2階は寝室のみにしたり、1階でリビングを設けたりすると良いでしょう。
また、1階を広くするための間取りについて相談したい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。