テレワーク用の書斎が欲しい方必見!書斎のタイプや注意点を紹介します!

「テレワーク用の書斎をどのようにするか迷っている」
「テレワーク用の書斎について知りたい」
このような考えをお持ちの方は、いらっしゃるでしょう。
テレワーク用の書斎を設けるときに、悩むことは多いですよね。
そこで今回は書斎のタイプや書斎を設けるときの注意点を紹介します。

□書斎のタイプと特徴を紹介!

書斎のタイプと特徴を3つ紹介します。

1つ目は、完全個室の書斎です。
完全個室の書斎は、ウェブ会議を行う際に家族やペットの声が気になりません。
また、オンとオフの切り替えにも有効ですよ。
そのため、集中できるワークスペースが欲しい方におすすめします。

2つ目は、半個室の書斎です。
半個室の書斎とは、寝室やLDK、ロフトの一角にある2から3面の壁に囲まれた空間のことです。
遮音性は低いですが視線を遮れるため、集中しやすいスペースができるでしょう。

3つ目は、リビング書斎です。
リビング書斎とは、リビングや廊下などの一角にあるワークスペースのことです。
子育てや家事の合間に少し仕事をしたり、趣味の時間にしたりなどの使い方ができるといえるでしょう。
そのため、お子様がいる家庭やちょっとしたワークスペースが欲しい方におすすめですよ。

□テレワーク用の書斎を設けるときの注意点を紹介!

テレワーク用の書斎を設けるときの注意点を3つ紹介します。

1つ目は、光の入る角度です。
作業がしやすい光の入り方や照明を選ぶことがおすすめです。
明るすぎたり暗すぎたりすると、作業がしにくいでしょう。
例えば、暗すぎると書類の文字が見えづらい、明るすぎるとパソコンの画面に光が反射するといったような経験もありますよね。

2つ目は、コンセントの位置や数です。
テレワークをする際は、パソコンが必須となっているでしょう。
それ以外にもタブレットやスマホなども必要ですよね。

そのため、コンセントの位置や数に気をつける必要があります。
充電がないときに充電しながら使用できるようにすると良いでしょう。

3つ目は、椅子です。
普通の椅子を使用しても問題はないですが、1日中テレワークする場合はオフィスチェアがおすすめです。
オフィスチェアは長時間座っても、お尻や腰が痛くなりにくく快適にテレワークできるでしょう。

□まとめ

今回は書斎のタイプや書斎を設けるときの注意点を紹介しました。
書斎のタイプや書斎を設けるときの注意点について理解していただけましたか。
書斎をお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、テレワーク用の書斎について相談したい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。