注文住宅で予算オーバーした時の対処法とは?コストを抑える方法をご紹介します!

「注文住宅で予算オーバーしてしまった」
「予算内で理想の住宅を実現したい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は予算オーバーしてしまう原因とコストを抑える方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□予算オーバーしてしまう原因とは?

1つ目は、注文住宅をローンで借りられる金額や全体の金額がいくらかかるかを知らないからです。
全体でどれくらいの費用がかかるのかを知らなければ予算を立てられません。
そもそも注文住宅には本体工事費用、付帯工事費用、諸費用、土地代金がかかります。
これらが理想の住宅を建てるためにはどのくらいかかるのかを把握しておくようにしましょう。

また、予算は自己資金と住宅ローンの2要素によって組まれています。
そのため、借りられる住宅ローンの限度額を知っておかないと確かな予算を立てられません。
借りられる限度額と返済可能な額を調べておくようにしましょう。

2つ目は、こだわりの優先順位が付けられていないからです。
打ち合わせの際にデザインや設備などさまざまな点でこだわりたい部分が出てきます。
全てのこだわりを叶えていると予算を大幅にオーバーしてしまいます。

また、優先順位がついていないと予算オーバーした際にどこを削れば良いのかが分かりにくいです。
こだわりの優先順位を家族で話し合って決めておくようにしましょう。

3つ目は、補助金、助成金制度を知らないからです。
条件を満たせば補助金や助成金をもらえる場合があります。
一度調べておくようにしましょう。

□コストを抑える方法とは?

1つ目は、建物の形と規模を見直すことです。
住宅の形が複雑で予算オーバーしている場合は形をシンプルにしましょう。
形以外でも外壁の色や窓の形などで豪華な外観にできます。

2つ目は、施工手間の多い屋根を選ばないことです。
でこぼこが多い屋根はコストがかかります。
切妻や片流れなどでこぼこが少ない屋根を選びましょう。

3つ目は、フェンスや門扉を設けないことです。
フェンスや門扉や外構の中でも特にコストがかかります。
見た目が寂しくなる場合は植栽をあしらいましょう。

4つ目は、床面積を小さくすることです。
床面積が小さくなるのはデメリットばかりではありません。
家事動線が短くなって掃除が楽になるメリットもあります。

□まとめ

予算オーバーする原因をご紹介しました。
注文住宅を建てるにはどれくらい費用がかかるのかを押さえておきましょう。
また、コストを抑える方法もご紹介しました。
この記事を参考に予算内に収めた理想の住宅造りを実現しましょう。