注文住宅の間取りで失敗しないためには?押さえておきたいコツをご紹介します!

「注文住宅で失敗したくない」
「間取りで失敗しないためのコツを知りたい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は間取りでのよくある失敗と失敗しないためのコツをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□間取りでのよくある失敗とは?

1つ目は、広さを間違えてしまった失敗です。
リビングを広くするためにキッチンが狭くなってしまったり、まだ広すぎる子ども部屋を作ってしまったりと広さに関する失敗が多いです。
広さは図面上では分かりづらいのも広さに関する失敗が起きやすい理由として挙げられます。

2つ目は、収納の大きさや場所での失敗です。
単純に収納の量が足りなかったり使い勝手が悪かったりする失敗が多いです。
どこに何を収納したいのかをよく考えてから収納計画をたてるようにしましょう。

3つ目は、家事動線が悪かった失敗です。
共働き世代が多い今、スムーズに家事ができるかは重要です。
食事を作りながら洗濯機を回したり子どもの様子をみながら片付けをしたりできるように家事動線を良くするようにこころがけましょう。

4つ目は、トイレに関する失敗です。
寝室と近くて排水音が気になったり、客室と隣接していて用を足しづらかったりする失敗が多いです。
また、2階建ての場合は2階にもトイレを設置すれば良かったという意見がよく聞こえます。

5つ目は、日当たりに関する失敗です。
日当たりが悪いと湿気がこもりやすくなります。
洗濯物が乾きにくかったりカビが生えやすかったりなど日当たりが悪いことで受けるデメリットがたくさんあります。

日当たりを気にして窓を設置したり天窓や吹き抜けを作ったりしましょう。

□間取りで失敗しないためのコツとは?

1つ目は、家族の生活スタイルに合わせることです。
間取りは広ければ広い程良いというわけではありません。
生活スタイルに合っていることが最重要です。
動線や収納など実際に生活していくことを考えて間取りを考えるようにしましょう。

2つ目は、土地の個性に合わせることです。
住宅のみで間取りを考えてしまうと失敗が多くなります。
隣の家との位置関係、交通量、騒音、景観、高低差など周囲の環境も考えて間取りを考えるようにしましょう。

3つ目は、打ち合わせは最後まで気を抜かないことです。
打ち合わせで最後の方に決めるコンセント、照明、スイッチは生活の快適さに直結しています。
最後でも打ち合わせに慎重に挑むようにしましょう。

□まとめ

今回は、間取りでよくある失敗をご紹介しました。
この失敗を住宅づくりに活かしましょう。
また、間取りで失敗しないコツもご紹介しました。
他にも知りたいことがあればお気軽にご相談ください。