5人家族で暮らすには何坪必要?快適な広さをご紹介します!

家族の人数が増えるごとに、必要な家の広さはもちろん変わってきます。
この記事では、家族の人数ごとの広さの違いや、間取りの工夫を解説していきます。
家づくりをするうえで広さにお悩みの方必見です。

□人数ごとに適した広さとは?

戸建ての住宅には、自分のライフスタイルや、人数にあった広さを選ぶ必要があります。
住宅の広さについて、国土交通省が定めている基準は、単身者であれば約7坪(25平方メートル)、2人以上であれば、約3坪(10平方メートル)×世帯人数ごとに約3坪(10平方メートル)です。

この基準だと、最低限の広さであるので狭く感じてしまうのでもう少し広めに設定すると良いでしょう。
世帯人数ごとの広さについて詳しく解説していきます。

2人家族の平均坪数は、約14〜21坪ほどの広さです。
この広さでは、お互いそれぞれの個室を用意することが難しいので、それぞれの部屋が欲しいのであれば、30坪以上の広さがおすすめです。
2人家族で戸建てを購入する場合には、広さよりも暮らしやすさや快適さを重視するほうが満足する家になることが多いです。

3人家族の平均坪数は、約18〜28坪です。
頻繁に家族が泊りにくる場合には、より広い家が必要になります。
3人家族に適している間取りは、2LDKまたは3LDKです。
3LDKの場合には、夫婦の寝室、子供の部屋の他に、書斎や趣味のスペースの確保が可能です。

4人家族の平均坪数は約22〜35坪で、30坪以上であれば、トイレを2個以上設置できるので、より自由な間取りをつくれます。
4人家族の家庭では、4LDKの間取りにする家庭が多く、子供部屋2部屋に加えて自由な用途で使用する1部屋をつくるのが主流です。

5人家族の平均坪数は、約26〜42坪です。
家族の人数が多ければ、その分収納場所を必要とするので広くないと不便に感じてしまいます。
十分な広さを確保したいのであれば、40坪以上必要でしょう。

□間取りの工夫をご紹介!

間取りは、もちろんそれぞれの家庭で異なります。
そこで大切になるのは、自分たちの家族がどのような暮らしをしたいか、です。
漠然と過ごしやすい間取りにしたいと望んでいても自分のライフスタイルに合っていなければ、満足のいく暮らしにはなりません。

そこで大切になってくるのは、具体的なビジョンを持つことと要望にそれぞれ優先順位を付けるということです。
予算内に収めるためには、どうしても諦めなければいけない部分も出てきます。
そのため、優先順位を明確に家族で共有しておくことでよりよい間取りづくりができます。

□まとめ

今回は、家族の人数による広さと、間取りの工夫をご紹介してきました。
家族の人数に合わせた広さを選ぶことが大切です。
しかし、人数だけではなく、どのようなライフスタイルなのかによって広さは変わってきます。
間取りでお悩みの方は、ぜひ当社にお気軽にお問い合わせください。