完全同居するにはどんな間取りがおすすめ?失敗しないポイントをご紹介します!

2世帯住宅の家づくりは難しく、どのような間取りが良いのか悩む方も多いでしょう。
親子間でも生活スタイルは異なるので、お互いにストレスのない生活を実現するためには、間取りの工夫が必要です。
この記事では、2世帯住宅の間取り3種類と、失敗しないためのポイントを紹介していきます。

□2世帯住宅の間取りを3種類ご紹介!

2世帯住宅の間取りは大きく分けて、完全同居型、完全分離型、部分共有型の3種類に分類できます。

まず、完全同居型を解説します。
この完全同居型のメリットは、費用を抑えることができる、という点です。

また、土地があまり広くない方にもおすすめの間取りです。
この間取りでは、基本的に家の設備を全員で共有するので、生活のリズムが大きく異なっていると、ストレスを感じることもあります。

次の完全分離型は、親子それぞれの間取りになるので、プライバシーを最大限に尊重できると言えます。
普段は別々に暮らすことになりますが、子供の面倒をすぐにお願いできるので、いざというときに協力し合うことが可能です。
また、将来的に親世帯と一緒に済まなくなった時にも賃貸に出せます。
しかし、十分な土地の広さが必要になるので注意しましょう。

最後は、部分共有型です。
完全同居型、完全分離型の良い所どりをしているため、1番人気の間取りです。
好きな設備を共有できるのでよくご家族で相談して決めましょう。

□2世帯住宅における間取りに失敗しないためには?

2世帯住宅は、親子世帯の意見や自分たちの意見のどちらも優先させなければいけないので、失敗してしまうことも多いです。
失敗しないためには、プライバシーを保つ、ということが大切です。
家族であっても、干渉してほしくないところや見られたくないものもあるので、しっかりとプライバシーは守りましょう。
完全分離型や部分共有型では、プライバシーを守ることが可能です。

また、お互いのライフスタイルを理解することも重要です。
2世帯住宅では、ライフスタイルが大きく異なることが多くなります。
そのため、強制的にどちらかに合わせるのではなく、お互いを尊重しあうことが大切です。

家事や費用の点は、住んだ後にトラブルになってしまうので、事前に決めておきましょう。
光熱費などはどの割合で負担するのか、などはルールを定めておくとスムーズです。

□まとめ

今回は、2世帯住宅の間取りについて紹介してきました。
2世帯住宅はいざというときに協力し合えるのでとても良い家族の形です。
住んだ後にトラブルにならないよう、失敗しないためのポイントを参考にして間取りを決めてください。