家はどれくらいで建つ?完成までの流れをご紹介します!

新築住宅を建てる際には、どのくらいの期間を要するのか分かりにくいですよね。
いつまでに建てるのかを意識しながら住宅づくりに望むことは大切です。
この記事では、新築の戸建てを建てる際の流れと注意点について紹介していきます。

□新築の戸建てが建つまでの流れとは?

新築の住宅が建設されるまでの流れとともにその過程にかかる期間を解説します。

最初の1〜3か月程度は、情報収集とハウスメーカー選びをします。
新築を建てたい、となるとまずはどのような家にしたいかを考えましょう。
どのような家をどこに建てるのか、大まかにイメージしておきましょう。
実際にハウスメーカーに相談してみるのも良いでしょう。

次に、プランやハウスメーカーの決定、土地の購入やローンの申し込みを3〜6か月程度で行います。
住宅ローンには審査が必要になってくるので、このタイミングで申し込みましょう。
土地の大きさや地盤によって建てることができる家も変わってくるので注意しましょう。

次は、いよいよ建築工事が始まります。
建築工事は、3〜6か月程度かかることが一般的です。
そして、完成したら引き渡しが行われます。
この過程すべてで、大体8〜15か月程度かかります。

□家づくりの際の注意点とは?

新築の住宅を建設する際には、いくつか多くの人が見落としてしまう注意点があります。
ここでは、注意点を3つ紹介していきます。

まず1つ目は、住宅の耐震性や耐久性です。
地震大国である日本において耐震性はとても重要です。
この点は、完成後に修復することがむずかしいので事前にチェックしておきましょう。

2つ目は、住宅ローンについてです。
住宅づくりにおいて、家族それぞれの理想をすべて再現しようとすると予算をオーバーしてしまうこともあります。
そのため、住宅ローンの返済額は見合っているのかをきちんと判断しましょう。

3つ目の注意点は、生活を具体的にイメージした生活動線を意識して間取りを決められているかです。
この生活動線を意識することでストレスの少ない生活にすることが可能になります。
収納スペースも場所を多く確保するだけではなく、設置する位置によっても利便性は大きく変わります。

□まとめ

この記事では、新築を建設する際の流れと注意点について紹介してきました。
家づくりには多くの過程が必要であり、注意点もたくさんあります。
一生に一度の家づくりに失敗しないためにもこの記事を参考にしてみてください。
家づくりにお困りの方はぜひご相談ください。