両親との近居は快適?メリットとデメリットをご紹介します!

両親と近居をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、近居するメリットとデメリットです。
面倒を見れるといったメリットがありますが、デメリットもあります。
同居するメリットとデメリットも紹介するので、暮らし方についてお考えの方はぜひ参考にしてください。

□近居するメリットとは?

1つ目は、光熱費の割り振りが明確であることです。
同居してしまうと、光熱費の持分が分かりにくくなります。

しかし、近居であれば生活の場所が異なるため、お金のトラブルが生じづらいです。
なお、生活スタイルによっては、コストが原因で喧嘩になることもあります。

2つ目は、生活リズムを維持できることです。
同居人が増えると、我慢が増えることもあるでしょう。
朝早くから物音がしたり、夜静かにしないといけなかったりなど、生活リズムが異なる場合は様々な問題が出てきます。
そのため、同居ではなく、近居にするのも一つの方法です。

3つ目は、距離感のある関係を保てることです。
子育てや趣味、仕事を全て楽しむのは想像以上に難しいこともあるでしょう。

しかし、両親が近くに住んでいると子育てを手伝ってもらえます。
子育てをしながら趣味にも仕事にも熱中したい方は、近居をおすすめします。

□近居のデメリットとは?

1つ目は、往来が面倒であることです。
家が近いと頻繁に呼び出される可能性が高いです。
些細なことでも呼び出され、それがストレスに感じる方もいるでしょう。

同居であればすぐに対応できますが、近居では移動時間がかかる場合があります。
そこで、相手のことを考えながら会う計画を立てるようにしましょう。

2つ目は、兄弟間の介護分担です。
両親が2人暮らししている場合、介護の分担が曖昧になりがちです。
親が介護を必要とする状況になった場合は、どちらがどのようにサポートするのかを予め話し合っておくようにしましょう。

なお、介護は突然必要になるケースが多いです。
そのため、早いうちに決めておくことをおすすめします。
この時に注意したいのが、親の意思を確認することです。
寂しい思いをさせないように、金銭や介護の負担をどのように分担するのか相談しておきましょう。

□まとめ

今回は、近居のメリットとデメリットをご紹介しました。
近居も同居どちらも良い点、悪い点があります。
慎重に吟味してどちらにするか決めましょう。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。

他にも知りたいことがあれば、お気軽にご相談ください。