マイホームを建てるための計画とは?失敗しないための方法をご紹介します!

人生で最も大きな買い物の1つであるのがマイホームの購入です。
そんなマイホームを建てる時に失敗したくないですよね。
今回はマイホームを建てる前に準備することと後悔しないための注意点を説明していきます。

□マイホームを建てる前の準備とは

マイホームを建てる前の準備として、以下の5つが挙げられます。

1つ目は、理想のマイホーム像を考えることです。
家族でどんな家にしたいのかをしっかり話し合いましょう。
この段階では細かいところより、子どもとたくさん遊べるような広い家や、家事がしやすい家など大まかなイメージで大丈夫です。
こだわるポイントや理想の間取りなどを決めるために、ここでどんな家にしたいかを明確にしておきましょう。

2つ目は間取りや建物のデザインをイメージしておくことです。
マイホームを建てる前にモデルハウスのような実際の物件を見て、具体的なイメージをつかんでおきましょう。
イメージをつかんでおくことで、マイホームをつくるときに優先するポイントや妥協できるポイントなどが明確になります。

3つ目は資金計画を立てることです。
マイホームを購入する時には多くの資金が必要です。
事前に土地と建物の代金を足した金額の目処を立てます。
これによって、自己資産をいくら用意し、住宅ローンをどのように組むのかを計算できるようになります。

4つ目は住みたい地域を考えることです。
安いという理由だけで土地を買ってしまうと、駅から遠かったり、理想とする家が建てられなかったりします。
費用をできるだけ抑えたいという気持ちはわかりますが、自分や家族の生活の便利さも考えた土地選びが大切です。

□後悔しないための注意点とは?

ここからはマイホーム購入で後悔しないための注意点を説明していきます。

よくある失敗の1つ目は予算オーバーの家にしてしまったことです。
こだわりが強すぎると、譲れないポイントばかりになってしまい、結果、計画していた予算を大幅に超えてしまうことがあります。
しっかり妥協できる点はどこかを家族で話し合っておく必要があります。

2つ目は実際に住むと、収納が使いづらいことです。
この失敗を避けるために、実際に住んだ時に何を入れる収納なのかイメージしておくことが大切です。

□まとめ

今回はマイホームを建てる前に準備することと後悔しないための注意点を説明しました。
施工を依頼する会社の人や家族としっかり相談して後悔のないマイホームづくりにしてください。