新築一戸建てにゴキブリが出る理由とは?対策とともにご紹介します!

「新築一戸建てでゴキブリが出てしまった」
「一戸建てでゴキブリ対策をしたい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は新築でもゴキブリが出る理由と対策をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

□ゴキブリが出る理由とは?

1つ目の理由は暗がりで過ごしやすいからです。
ゴキブリは暗がりでじめじめした場所を好みます。
新築は人の出入りが少ないです。
そのため、明りがなくゴキブリにとっては過ごしやすい環境になっています。

2つ目の理由は天敵に遭遇しないからです。
ゴキブリの天敵はくも、カエル、ネズミ、ハチなどが挙げられます。
なかでもゴキブリから恐れられている天敵は人間です。

新築住宅にはその人間がいません。
そのためゴキブリが住みつきやすい環境になっているのでしょう。

3つ目の理由は侵入経路が多いからです。
ゴキブリは3ミリメートルほどの隙間さえあれば家に侵入できます。
新築住宅は必要な設備が届いてないですし、配線工事が終わっていません。
そのため、接続先の穴からゴキブリが侵入します。

4つ目の理由は引っ越しの際に付いてきたからです。
ゴキブリを自ら外から連れてくることも考えられます。
実は段ボール、新聞紙、本の隙間などに卵をうみつけます。

引っ越しで使っていた段ボールに卵が付いていた場合、新居へ連れてきてしまいます。

 

□新築でゴキブリを見ないための対策とは?

1つ目は最初に燻製タイプの駆除剤を活用することです。
最初に家にいるゴキブリを燻製タイプの駆除剤で駆除しましょう。
駆除剤には有害な成分が入っています。

荷物や家具を入れる前であれば有害な成分から持ち物を保護する手間が省けるでしょう。
住み始めてから20日程度たってから駆除剤をもう一度活用すれば荷物に卵が付いていても安心です。

2つ目は侵入経路をふせぐことです。
先述した通りわずかな隙間があればゴキブリは侵入してきます。
排水ホースやエアコンのホース、キッチン、玄関にあるすきまはテープを活用してふさぎましょう。

3つ目は柑橘系・ハーブ系の香りを漂わせることです。
ゴキブリは柑橘系やハーブ系の香りが苦手です。
反対にバニラなど甘い香りはゴキブリが好きな香りです。

バニラは避け、クローブ、ベチバー、ペパーミントなどのアロマをたきましょう。

 

□まとめ

ゴキブリが出る理由と対策をご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
また、この記事について何かご不明の点があればお気軽にご相談ください。