中二階のある平屋のメリットとは?注意点とともにご紹介します!

「平屋に中二階を作りたい」
「中二階を取り入れる際の注意点を知りたい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は中二階のある平屋のメリットと注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

□中二階のある平屋のメリットとは?

1つ目は、床面積を有効活用できることです。
中二階を作ることで単純な1階建てよりも床面積を活用しやすくなります。
壁を設置せずに居住空間を自然に分けられます。

どうしても床面積が広くなってしまう平屋と、とても相性が高いです。

また、中二階の下のスペースを収納として活用できるのも嬉しい点です。
中二階の下は広いスペースになるためテーブルなどの大きな家具も収納できます。

2つ目は、縦の空間を活かした間取りが実現できることです。
住宅には高さに制限があります。
そのため、2階建てを建てようとすると各階に圧迫感が生まれてしまいます。

そこで、平屋にして中二階を作れば天井に十分な高さが生まれ開放的な空間が生まれます。

3つ目は、採光性が高くなりやすいことです。
通常の家の作り方であるとリビング以外の採光性が低くなってしまう場合が多いです。
しかし、中二階であれば壁が少なくなるため光が遮られず奥の部屋まで届きます。

4つ目は、コミュニケーションが活性化しやすいことです。
2階建てですと生活空間が分かれてしまいます。
平屋であれば家族全員が1階で過ごすため家族の気配を感じやすいです。

 

□中二階を取り入れる際の注意点とは?

1つ目は、空調設備や断熱の工夫が必要であることです。
中二階を設けると間仕切りがなくなります。
間仕切りがなくなるのは採光性が取れたり、家族の気配が感じやすくなったりとメリットもありますが、空調がききにくく光熱費が高くなりがちになってしまうというデメリットもあります。

そのため、冷暖房効率を高めるために全館空調設備を取り入れたり、断熱性を高めるなどの工夫を施すようにしましょう。

2つ目は、建設費用が高くなりやすいことです。
設計が複雑になるため普通の平屋を建てるよりもコストがかかってしまいます。
また、間仕切りがない分の耐震性を確保するために強固なつくりが必要になります。

3つ目は、固定資産税が高くなることです。
中二階部分が床面積として数えられると普通の平屋よりも固定資産税が高くなってしまいます。

 

□まとめ

中二階のある平屋のメリットをご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
また、この記事について何かご不明の点があればお気軽にご相談ください。