お風呂に窓は必要かどうか!メリット・デメリットをご紹介します!

「お風呂に窓は必要かどうか知りたい」
「窓を付けることによるメリット・デメリットを知りたい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は浴室窓のメリット・デメリットを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

□浴室窓のメリットとは?

メリットを紹介する前にまずは浴室窓の役割について紹介します。
浴室の窓は部屋の窓と同じ役割で採光、通風の役割を果たします。
日光を取り入れることにより浴室が暖かくなり寒い思いをすることが少なくなります。

採光と風通しが良くなることによってどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下で見ていきましょう。

1つ目は、電気代をかけずに換気ができることです。
換気するためには換気扇を回す必要があります。

しかし、窓があると窓と浴室の扉を開けるだけで換気できます。
換気のためだけに電気代がかかることがありません。

お風呂は毎日入るものです。
日々の電気代を節約できるのは嬉しいことですね。

2つ目は、開放感とリラックスにつながることです。
窓がないとお風呂の中は密閉された空間になります。
一日の疲れをとるときに窓を開けて開放感のある空間にできればリラックスしてお風呂を楽しめます。

これらが浴室に窓があるメリットです。

 

□浴室窓のデメリットとは?

窓を付けることはメリットばかりではありません。
いくつかデメリットも存在します。
以下で紹介するので窓を付けるかどうかの参考にしてください。

1つ目は、寒くなることです。
窓は住宅の中で特に断熱性が低い箇所になります。
熱が窓から逃げてしまうため浴室が寒くなってしまいます。

断熱性の高い窓を選ぶようにして対策を施しましょう。

2つ目は、カビが生えやすいことです。
断熱性が低いことにより結露が起こりカビも生えやすくなってしまいます。
窓をきちんと開けて湿気が浴室にこもらないようにしましょう。

3つ目は、お掃除が面倒であることです。
窓なしであれば壁をささっとふけばお風呂掃除は終わります。

しかし、窓が1つあることでとても面倒になってしまいます。
浴室に窓は当たり前という固定観念に捉われるのではなく、メリットとデメリットを見てどちらが良いのか考えるようにしましょう。

 

□まとめ

浴室窓のメリット・デメリットを紹介しました。
浴室のリフォームをお考えの方はぜひ当社にご連絡ください。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
また、この記事について何かご不明の点があればお気軽にご相談ください。