コンテンツ

ペット共生住宅

ペットと快適に暮らすための家

科学物質によるシックハウスや段差のある床、冷たくすべりやすい床、急な階段、騒音やいやな臭い、掃除のしやすさetc…これらを解決すると、それって実は人間にとって住みやすい家なんだということに気がつきました。ペット共生住宅といっても、高価で大きな犬小屋を造るわけではありません。

家はあくまでも『人』が主役であり犬や猫などのペットを飼っても人が快適に使いやすい住宅のことです。子供や高齢者にも優しい究極の健康住宅です。

※(有)野口住建は「日本ペット共生住宅推進協議会」加盟の会員として、犬や猫などのペットと暮らす住まいの悩み解消のためのプランニング、ディテール決め、設備、素材選びからトータルに提案します。

ペット共生住宅に潜む「悩み」を一挙に解決

ペット共生住宅に潜む「悩み」を一挙に解決
  • 室内のキズ、汚れ、臭いが気になる
  • 鳴き声、散歩時の排泄などで、近所に迷惑がかかる
  • 犬や猫などのペットとの共生は、不衛生になり健康管理が大変そう…

こんな悩みやトラブルを抱えている方、ペット共生住宅や快適ペットリフォームのご相談をお気軽にください。

ペットが暮らしやすい住宅にするために何に配慮すべき?

ペットにとって健康

・動線
・遊ぶ
・食べる
・寝る

への配慮が必要です。

飼い主にとって

・家族及びペットとのコミュニケション
・掃除
・お手入れ
・健康
・資産保護

への配慮が必要です。

来客・近隣にとって

・街の景観との調和
・におい
・鳴き声
・吠えつき
・飛びつき

への配慮が必要です。

ペット共生住宅のライフスタイルも様々

ペット共生住宅のライフスタイルも様々

LDKスタイル

リビング・ダイニングが居場所の中心
家族が集まるリビング・ダイニング空間を中心にふれあいを楽しむスタイル

フリースタイル

フリースタイル
寝る時も飼い主と一緒
基本的には、家中どの部屋にも出入り自由、寝る時も家族と同じ部屋やベッドで寝るスタイル

コートスタイル

昼間は屋外に、寝る時は室内に
庭やコートなど屋上でのびのびと遊び、食事や寝る時は屋内のペットコーナーで楽しむスタイル

キャットスタイル

快適な居場所を求めて、どこでも
猫は快適な居所探しが得意だから自由に部屋を行き来するスタイル