マイホーム購入をお考えの方へ!オススメの補助金・助成金について知っていますか?


「マイホーム購入で利用できる補助金や助成金って何があるのかな」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。

住宅の購入は人生で、かなり大きな支出となるでしょう。
だからこそ、支出が抑えられる制度があればぜひとも利用したいですよね。
そこで今回は、マイホーム購入で利用できる助成金・補助金を紹介します。

□新しい家を買う際の助成金・補助金には何があるか

ここでは新しい家を買う際に使える補助金や助成金を2つ紹介します。

1つ目は、すまい給付金です。
消費税の引き上げによって住宅を取得した人の負担が大きくなるのを防ぐために、国によって作られた制度です。
ちなみに新築住宅や中古住宅のどちらにも適用できます。

年収775万円以下の人のうち、一定の条件を満たした人が対象となり、最高で50万円の現金が給付されます。
新築の場合は、住宅ローンを利用して買うかどうかによって条件が変わります。

2つ目は、地域型住宅グリーン化事業補助金です。
これは、地域の木造住宅の生産体制を整え、環境負荷を減らすことを目的としています。
国土交通省の採択を受けたグループに所属する施工事業者が建てる、省エネルギー性能や耐久性能などに優れた木造住宅を対象に、予算の範囲内で補助金が交付されます。

あくまで対象は地場の認定グループに属する中小工務店などの事業者であり、大手のハウスメーカーや認定グループに属さない工務店などは対象ではありません。
省エネ住宅を検討中の方は、是非当社にご相談ください。

□助成金・補助金の注意点とは

続いて、先ほど紹介した補償金・助成金を利用する際に気を付けてほしいことを紹介します。

まずは、すまい給付金は申請する際、金銭消費賃借契約書が必要であることに注意してください。
すまい給付金は、住宅ローン減税にかなり関係しますので、この書類は必ず必要となります。
ちなみにこの書類は、今後返す契約でお金を借りていることを証明するものです。
申請のタイミングは引き渡しを受けてから3ヶ月以内となっており、受給は申請後2ヶ月以内には指定口座に振り込まれているそうです。

また、地域型住宅グリーン化事業とグリーン化住宅ポイントは同時に使用できません。
補助金に関しては、詳しいことは当社までお問い合わせください。

□まとめ

マイホーム購入で利用できる助成金・補助金について解説しました。
当社では、今回紹介した助成金・補助金のどちらも対応しておりますが、特に地域型住宅グリーン化事業には力を入れております。
マイホームをお考えの方は、今回紹介した内容を参考に、ぜひこういった制度を利用してみてはいかがでしょうか。