家づくりを検討中の方へ!ワークスペースの種類と押さえておきたいポイントをご紹介!

家づくりをご検討の方に知っていただきたいのが、ワークスペースの大切さです。
住宅にワークスペースがあると仕事も趣味もはかどります。
そこで今回は、ワークスペースの種類とワークスペースを設ける上で大切なポイントをご紹介します。
家づくりを行う前にぜひ参考にしてみてください。

□ワークスペースの種類とは

ワークスペースには以下の3種類があります。

1つ目は完全個室の書斎です。
集中したい方や趣味部屋を作りたい方には完全個室のワークスペースがおすすめです。
完全個室なので、家族の話し声や家事の音などを気にせずに、集中して作業ができますね。
オンライン会議などでも背景を気にしないで出席できる点はありがたいです。
個室なので部屋の外と中でオフとオンを切り替えられる点もメリットです。

注意する点は、一部屋をプラスして作ることになるのでコストが高くなってしまう点です。
部屋を確保するだけでなく、エアコン・照明・コンセントなどの設備も確保しましょう。

2つ目は半個室の書斎です。
個室で引きこもりがちになってしまう方や、コスト的に厳しい方は半個室のワークスペースを採用しましょう。
半個室とはロフトや部屋の隅などに2~3面の壁で囲む空間のことを指します。
遮音性は高くありませんが、周りを気にしなくても良い工夫を施せば集中しやすい環境になります。

新しく部屋を作る必要がないので、コストが高くならない点がメリットです。

3つ目はリビング書斎です。
リビングや廊下の一角をワークスペースにする方法です。
集中しなければならない作業は難しいかもしれませんが、家事の合間のちょっとした作業や、子供の宿題を見ることには適しています。

□ワークスペースを作る際に押さえておきたいポイントとは

ここでは、ワークスペースを作る際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

1つ目は誰がどのように使用するのかです。
子供が宿題をするならリビングで十分ですし、仕事を集中して行いたいなら個室のワークスペースが必要になってきます。
このように、誰がどのようにワークスペースを使用するのかで設計プランが変わってきます。

2つ目は「こもる」と「繋がる」のバランスを考えることです。
こもりすぎると家族から怒られてしまう可能性がありますし、繋がりすぎると作業が進みません。
自身の適したバランスを考えてワークスペースを作りましょう。

□まとめ

ワークスペースについて解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の満足のいくワークスペースづくりに少しでも役立てば幸いです。
なにかワークスペースについて疑問があればぜひ気軽にご相談ください。