マイホームに駐車場を作りたいけどどのようなポイントを意識すれば良い?

車を持っている方はマイホームを建てる際に、駐車場をどれくらいの広さにするのかを考える必要があります。
後から広くすることは難しいので、そうならないように何を考えるのかを知っておくと良いです。
今回はマイホームに駐車場をつくる際に必要な面積を紹介します。

□車を1台止めるのに最低限必要な面積とは?

最初に車を1台止めるのに最低限必要な面積を紹介します。

当たり前ですが、必要になる駐車場の面積は車によって変化します。
それぞれの車の代表的なサイズは以下の通りです。

軽自動車は幅が1480ミリメートル、長さが3400ミリメートルです。
中型の車は幅が1700ミリメートル、長さが4700ミリメートルです。
大きい車の場合は幅が1850ミリメートル、長さが5000ミリメートルです。

次にそれぞれの分類ごとに必要となるスペースの目安を紹介します。
必要な駐車スペースは以下の通りです。

軽自動車は縦4メートル、横2メートルで、8平方メートルです。
中型の車は縦2.3メートル、横5.0メートルで、11.5平方メートルです。
大きい車は縦2.5メートル、横6メートルで、15平方メートルです。
住宅で良く使われる坪数で表すと、それぞれ2.24坪、3.5坪、4.5坪です。

ただし、これは最低限必要な面積です。
実際はこれに加えて、ドアを開閉するための面積や、荷物の積み下ろしを行うスペースも多めに確保する必要があります。
そのため、当社は駐車場は余裕をもってつくることをおすすめします。

□駐車場は余分に広さを確保した方が良い

前項で駐車場はドアの開閉、荷物の積み下ろしのために余分にスペースを確保することを推奨しましたが、他にも多めにスペースを確保する理由を2つ紹介します。

1つ目は、将来購入する車のことも考えなければならないためです。
今は新婚夫婦で小さい車を所有していても、将来に家族が増えて大きい車がもう1台車が必要になるかもしれません。
このように、今は十分でも将来的には不足する可能性があります。

2つ目は、来客用の駐車場が必要なためです。
来客用の駐車場は、必ずしも必要はありませんが、近くにコインパーキングが無い場合は、来客者に路上駐車をしてもらわなければなりません。
路上駐車は事故の原因になるので、可能な限り来客者のために駐車場をつくっておきましょう。

また、駐車場に余裕があると、怪我をして車いすを使用することになった時、ドアを最大限に開いて乗り込むことが可能だという理由もあります。

□まとめ

今回はマイホームに駐車場をつくる際に必要な面積を紹介しました。
駐車場の面積は将来のことも含めて考える必要があります。
これは、住宅づくり全体に言えることなので、他の部分でも将来を考えて設計しましょう。