新築をご希望の方必見!マイホームのローンを組めるのは何歳まで?

マイホームの購入を検討している方の中で、そのタイミングに迷っている方はいらっしゃいませんか。
いざ家を建てようと決意した際に、ローンが組めなければ大変ですよね。
そこで今回は、マイホームのローンが何歳まで組めるのかについてご紹介します。
新築をご希望の方は、ぜひ参考にしてください。

□ローンを借りる際の年齢要件は?

「ローンを借りようと思ったけど、年齢のせいで審査に通らなかった」
このような場合、ローンなしで家を建てられる資金を持っている方は少ないため、念願のマイホームを断念しなくてはなりません。
そういった事態を防ぐために、住宅ローンの年齢要件の目安について知っておきましょう。

住宅ローンを利用する場合、「申込時年齢」と「完済時年齢」の要件を満たす必要があります。
申込時年齢は下限が20歳以上である場合が多く、上限は金融機関によって異なりますが、70歳未満などが一般的です。
申込時年齢の制限は、返済年数によって変動することもあります。

また完済時年齢は、申込時に組むローンの返済年数によって決まります。
完済時年齢の制限としては、80歳未満などが多いです。
よって35年ローンを組む場合、少なくとも40代で申し込む必要があることを頭に入れておきましょう。

ただし、親の住宅ローンを子が継承して返済する「親子リレーローン」の場合、親の申込時年齢や完済時年齢は制限がありません。
その代わりに、継承者である子の年齢が基準となるケースが多いです。

□ローンを借りる方の平均年齢について

続いて、ローン借入時の平均年齢と借入期間についてご紹介します。
住宅金融支援機構の2019年度の調査によると、35年ローンの平均年齢は40歳でした。
内訳としては、30代が全体の40パーセント程度、40代が25パーセントを上回る結果となっています。

また同様の調査で、借入期間の平均が約33年であることも判明しました。
借入時の平均年齢が約40歳であったため、そこに借入期間を加えると完済時年齢の目安は約73歳となります。
よって多くの方が、老後も住宅ローンの返済を続けていることが分かります。
ローンを組む際は、長期的な視点を持って借入期間を決めるようにしましょう。

□まとめ

今回は、住宅ローンの年齢要件や平均的な借入時期について詳しくご紹介しました。
上記の内容を参考にして、住宅購入の資金計画を立ててみてください。

当社は、お客様に寄り添った家づくりを実施しております。
家族で安心して暮らせるマイホームをご希望の方がいらっしゃれば、お気軽に当社へご相談ください。