吹き抜けで日当たりは良くなる?吹き抜けのメリットも併せて紹介します!

家づくりを検討する際、吹き抜けの間取りにするかどうかつい迷ってしまいますよね。
また、日当たりを良くする間取りにしたいですよね。
そこで、今回は日当たりが変化しても暗くなりにくい間取りと、吹き抜けがあるメリットについてご紹介します。
家づくりの際にぜひ参考にしてください。

□日当たりが変化しても暗くなりにくい間取りとは?

*リビングを2階に配置する

家族で過ごす時間が多い部屋はリビングです。
リビングは1階に配置するのが一般的ですが、周りの住宅によって日光が遮られることがあります。
そこで、リビングを2階に配置すると日当たりが良くなります。
近所の住宅が密集した住宅街の場合は注意が必要ですが、明るい部屋を維持するにはおすすめです。

*リビングを吹き抜けにする

リビングを1階に配置し、2階に吹き抜けを取り入れ、天窓を設置すると日当たりは良くなるでしょう。
また、1階から2階にかけての縦長の大きな窓を設置することで、日当たりの変化に対応することが可能です。
また、リビングを吹き抜けにすることで開放感が出て、快適に過ごせるでしょう。

*北側にリビングを設置する

通常、リビングは南側に設置することが一般的です。
しかし、窓を工夫して設置することで、北側にリビングを配置しても暗くなりにくい部屋になります。
南側に設置しないと日当たりが悪くなるのではないかと不安になるかもしれませんが、実は北側と南側に日当たりの度合いはあまり変わりません。

□吹き抜けのあるメリットとは?

1つ目は、日当たりや風通しが良いことです。
天窓からの太陽光や2階にかけての大きな窓などを設置することで日当たりは良くなります。
また、吹き抜けのおかげで開放感があり、風通しも良く涼しい空間になるでしょう。

2つ目は、部屋が広く感じることです。
吹き抜けにすることで天井を見渡すことが可能で、広々とした空間が特徴的です。
ご家族様とのコミュニケーションも取りやすくなるため、おすすめです。

3つ目は、おしゃれな空間になることです。
壁で仕切られている住宅よりも吹き抜けにする方がおしゃれな空間を実現できます。
証明やインテリアを工夫することでより高級感あふれる部屋になるでしょう。

□まとめ

日当たりが変化しても暗くなりにくい間取りや吹き抜けのメリットを紹介しました。
当社ではお客様のご要望に基づいて、最適な家づくりを行います。
吹き抜けに関してもアドバイスいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
より快適な暮らしを実現させませんか。