家づくりをお考えの方へ!家がどのくらいで建つのか紹介します!

「家が建つまでどのくらいの時間を要するの?」
「家を建てることに注意することはあるの?」
このように、家づくりにおいて悩む要素は多いですよね。
そこで、今回は家が建つまでの期間と、家づくりをする際の注意点をご紹介しますので、家づくりを検討する時の参考にしてください。

□家はどのくらいで建つ?

新築の家づくりにおいて、総じて要する期間は大体8ヶ月から15ヶ月ほどです。
建築業者選びから施工まであるため、決して短期間で行えるわけではありません。

まず、1ヶ月から3ヶ月の期間は建てる家を想像し、どのような暮らしにするのかといったライフスタイルを考えると良いです。
また、それに合わせて建築業者の情報収集を行うこともおすすめします。
自分が想像する家づくりにはどの建築業者が最適か、見極めましょう。

次に、建築業者を選択して3ヶ月から6ヶ月程の期間で、家づくりのプランや土地をどこにするのかを決めると良いでしょう。
ご家族の条件やライフスタイルに合わせた住宅にするためには重要なことなので、じっくり時間をかけて決めていくことをおすすめします。
また、同じ時期に住宅ローンの申請も行えるので、必要な場合は済ませておきましょう。

さらに、3ヶ月から6ヶ月の期間をかけて建築工事が行われます。
工事が完了したら1ヶ月程の期間で最終検査が行われ、住宅が引き渡されるという流れです。

□家づくりをする際の注意点とは?

*耐震性などの耐久性に優れているか

安心して暮らすためにも耐震性や耐久性に優れている住宅を建築することは、最も重要です。
家の強度を上げるためにも、当社のように定期的なアフターメンテナンスやなどの保守点検が充実されているかどうかを確認しておくと良いですよ。

*住宅ローンの返済を考慮すること

住宅ローンを軽い気持ちで多めに借り入れるのではなく、今後の生活でローン返済できるかどうかを考慮し、返済計画を検討しておきましょう。
家づくりで予算が超えてしまうことは多いため注意が必要です。

*ライフスタイルを考慮できていること

ご家族様の生活動線やライフスタイルに最適な家づくりを行うようにしましょう。
生活してから不便だと感じないような間取りを考えることをおすすめします。

□まとめ

今回は家がどのくらいで建つのかと、家づくりをする際の注意点をご紹介しました。
当社ではお客様と一緒にじっくり検討し、お客様のライフスタイルに合わせた家づくりを提供いたします。
アフターメンテナンスも充実しているため、家づくりは当社にお任せください。
まずはお気軽にご相談ください。