新築を建てる際に気を付けたい!間取りで後悔しやすい点とは?

新築をご検討中の方必見です。
知識がないまま間取りを決めてしまうと失敗する可能性が多いです。
そこで、今回は間取りで後悔しやすい理由と間取りで後悔するポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

□間取りで後悔しやすい理由とは?

1つ目の理由は、購入した土地に希望の間取りで建てられないからです。
建ぺい率という土地に対する床面積の割合制限を超えて住宅を建てられません。
また、平屋を希望していたとしても、隣との距離が近かったり隣の家が高かったりすると採光や通風が悪くなってしまいます。

住宅を建ててもらう会社に土地を探してもらえば、建てたい住宅に合った土地を探してもらえます。

2つ目の理由は、専門家に全て任せてしまうからです。
知識がないからといって専門家に任せっきりにしないようにしましょう。
専門家も住みやすさを考えて提案してくれますが、一般的に住みやすい間取りを提案するため、細かなニーズまではとらえきれません。

専門家と共に自身の生活に合ったストレスのない間取りを決めていくようにしましょう。

3つ目の理由は、実物を確認せずに家づくりを進めるからです。
家づくりの経験がないと図面からどのように暮らせるのか想像しづらいです。
そのため、完成した際にイメージと異なっていたという場合があります。

図面だけでなく、建築パース、サンプル、カタログ、実物を用いて具体的にイメージできるようにしましょう。

4つ目の理由はライフスタイルの変化を考慮していないからです。
子育て中と老後のライフスタイルは大きく違います。
そのため、先のライフスタイルに合わせたり、ライフスタイルに合わせて間取りを変えられる間取りにしましょう。

 

□間取りで後悔しやすいポイントとは?

1つ目は収納です。
収納が足りないという声が多いです。
住宅にはものを収納するという大切な機能があります。
その機能が果たせないと、住宅にものが溢れてしまいます。

多めに収納スペースを確保して後悔するリスクを防ぎましょう。

2つ目は家事動線です。
家事動線が悪いと生活していてストレスが溜まってしまいます。
そこで、水回りや洗濯物を干す場所を近くすると家事全般が快適になります。
1日の行動パターンを考えて間取りを決めると良いですよ。

 

□まとめ

間取りで後悔しやすい理由をご紹介しました。
また、間取りで後悔しやすいポイントもご紹介しました。
この記事がお客様の役に立てば幸いです。
また、この記事について何かご不明の点があればお気軽にご相談ください。